自己紹介

自分の写真

色んなことに興味を持って、興味を持ったら自分でいろいろ考えてみるのが好きです。座右の銘とまで行きませんが、次の格言が好きです。

  - 人は何かについて全てを、全てについて何かを知らなければならい。
  - Try to know something about everything, and everything about something.

2016年7月17日日曜日

【第七回】 千字文 【語学】

さて、バランス的に今回は、語学の本の紹介、中国語の
テキストとして、「千字文」を紹介いたします。


お勧めしたいのは、中国語の勉強を一通り勉強し終えた
レベルの方、中国検定なら3級合格レベルから2級を挑戦して
いるぐらいのレベル方にお勧めです。


千字文は、何がいいかといいますと、それが日本に初めて到来した
中国語のテキストでもあるという点です。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%AD%97%E6%96%87


その辺の薀蓄はWikiでどうぞ。
何しろ、千字文は、中国語(漢文ですが)の初学者のテキストなのです。
漢字到来の際の日本人が勉強した教材をそのまま使うって、
何かトキメキませんか?(ませんよね?たぶん著者が異常です。)


それともかく、千字文がよいところは、そこに中国典故が惜しみなく
盛り込まれているところです。


ピンインを調べながら、読み進めれば、言葉の背景にある文化から
勉強することができるのです。岩波ならそれを格調高い小川環樹博士の
解説付きで読めるのですから、学ぶ楽しみ、ここに至れりといった感がありますね。


ちょっと妙なテンションになりましたが、それほどにお勧めなのです。







0 件のコメント:

コメントを投稿