2019年11月9日土曜日

【歴史本】「論語の新しい読み方」「弟子」

今回取り上げたいのは、中島敦の「弟子」と、宮崎市定の「論語の新しい読み方」です。

 中島敦は、私が一番好きな作家です。高校の教科書で「山月記」に出会ったことは、私がいま、中国語を使って貿易関係の実務をしていることと、やっぱり関係有るんだろうと思います。進路を選ぼうとしていた高校生の私にとって、それほど、中島敦の文体は「美しい」ものだったと思います。

 さて、今回は、その中島敦の中でも私が特に好きな「弟子」とを取り上げたいと思います。「弟子」は、淡々と孔子とその弟子、子路の交流を描いた作品ですが、どうしてもその最後の1ページで、何度読んでもどうしても涙が溢れ出てきます。「弟子」の特色として私は下記の点が挙げられるかとおもいます。それは、

ー「孔子を儒教の聖人としてではなく、生身の人間として捉える」ー

という点です。この点で中島敦の「弟子」と全く同じスタンスなのが、宮崎市定です。「論語の新しい読み方」は、一個人としての孔子といわば孔子学園とも言える学びの場にて行われる弟子の遣り取りを非常に身近なものとして切り取っていきます。その中で宮崎市定は、孔子がその生涯を振り返って述べた有名な一文について、新鮮な読みを提示します。

ー「七十にして、心の欲するところに従い、矩(のり)をこえず。」ー

(吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順。七十而従心所欲不踰矩)

普通この文は、孔子が段々と徳を積んで、70歳になり誰にも及ばない聖人の境地に立ったのだ、と解釈します。しかし、宮崎はこの一文を「孔子が自身の気力の衰えたことを嘆く言葉」として捉えます。私もここはやはり宮崎の読みの鋭さに大いに共感します。70歳を超えた孔子の身に振りかかったもの、それは決して幸福な出来事であったとはおもえないからです。

歴史上に実在した個人としての孔子は、74歳になくなりますが、その最晩年には、どうも言いようのない寂しさが付き纏っているように思います。BC481年、72歳の時、まず孔子が愛した弟子とも言うべき顔回が無くなります。孔子の悲しみは非常に大きく「天が私を滅ぼした!(天喪予!)」と嘆きます。更には、同年、魯国の西で狩りが行われ、麒麟が捕らえられたと聞き、平和な世に現れるはずの吉祥である麒麟の遺骸をみて、「我が道は行き詰まった!(吾道窮!)」と嘆き、それまで描いてきた「春秋」という歴史書を書くのを止めてしまいます。

そうして、その翌年、BC480年にまたもや、愛すべき弟子であった子路が就職先の衛国の動乱に巻き込まれて死んでしまい、先立たれたことを伝え聞くのです。中島敦は「弟子」の最後において、子路の死をこう簡潔に叙述します。

ー「『見よ!君子は、冠を、正しゅうして、死ぬものだぞ!』
全身を膾(なます)の如くに切り刻まれて、子路は死んだ。ー

その死の知らせを聴いた孔子は、潸然と涙を流します。 ここには「聖人」のものなどではなく、孔子、一個人の隠しようもない悲憤、やるかたなさ、剥き出しの感情があるように思います。

中島敦の「弟子」、宮崎市定の「論語の新しい読み方」。決して新しくはない本ですが、読まれていない方は、是非手にとってみてください。ちなみに私が毎回涙してしまう、子路の最後の言葉ですが、「史記・衛康叔世家」には、

◾︎「子路曰『君子死、冠不免』結纓而死」
岡上訳:子路は「君子は死しても冠は免ぜられず」といって、冠の紐を結んで死んだ

と有ります。自らの冠(職位)に殉じた子路の死を的確に表現した司馬遷は、流石に名文家です。


2019年11月2日土曜日

【その他】聖書と論理哲学論考

今回はFB側での投稿についてこちらにも記録のためアップしようと思います。
実は、fbにて古代史論考の紹介動画を作ったのですが、その際にちょっとした文をつくったその背景を書いておきたい思います。普通には動画を見ただけではよくわからないと思いますので。最近、聖書を手にするようになって、素晴らしい閃きがあったのでそれを紹介動画にもつかったということで、今回は、その閃きについての解説ということです。まず、動画で使った冒頭の紹介文を引用します。

---------------------------------------------------
継続としての日本古代史
Final Chapter - an end of  the Tractatus(*4)-

はじめに物語(*3)があった
In the beginning was the Word(*2), 

物語は神とともにあり
and the Word was with God, 

そして、物語こそが神であった
andthe Word was God.
---------------------------------------------------

まず"In the beginning was the word(*2)"から始まる英文ですが、これは、分かった方もおられるかと思いますが、新約聖書のヨハネの福音書の書き出しです。普通には「はじめに言葉があった」という日本語訳がついていますが、岡上私説の論考については、あくまで物語として歴史を読み解こうとしていきますので、敢えて「はじめに物語があった」と「物語(*3)」というキーワードに置き換えてみました。実際、ヨハネの福音書はイエスの数々の物語が書かれていますから、意訳としても全然アリなのではと思っています。

それから、私は自分の古代史考察をずっと「論考、論考」と言っていますが、これはどうして「考察」や「推論」と私が呼ばないかについてですが、実は「論考」といえは、ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」という難解で有名な哲学書があり、それを意識して論考という単語を使ったからです。論理哲学論考の原題は、「Tractatus Logico-philosophicus」ですので、今回は、その「Tractatus(*4)」なる単語を使ってみました。今回のfb論考は、全体で四部64回構成ですが、もし、まだ次回があるなら今度は「探求」を使ってみたいですね!

で、なぜ古代史の論考の紹介動画で、「聖書」と「論理哲学論考」なんだ、という点については、それは「それの方がなんかカッコイイからです(笑)」というのが最大の理由ですが、実は「In the beginning was the word」から始まる一文が、まことに、まことに、「論理哲学論考」の精神を表す言葉なんではないかなと思うからですね。ウィトゲンシュタインの「論考」は、ものすごく妖しい魅力を放っている本ですが、その魅力の一つに、論理を語る本にあるにもかかわらず、極めて教条的な文言が淡々と書かれていて、論述が論理的ではなく、矛盾した性格がある点が挙げられるのではとおもいます。そして、その教条の第一条が「世界は成立していることがらの総体である。」であり、第二条が「成立していることがら、すなわち事実とは、諸事態の成立である。」という文言なんですよ。ヨハネの福音書の冒頭「はじめに言葉があった」という「言葉」は、ギリシャ語原文では「Λόγος = logos=ロゴス」ですので、即ちそれは「Logic(論理)」そのものと言えるかと思います。

論理哲学論考が超絶にエキセントリックで人を惹きつけて止まない点は、「思考の限界について語ろう」という極めて野心的なその企画にあるのですが、それは世界を「事実=言葉(成立した諸事態・命題)」として、強烈なまでに単純化して捉えてしまうところにこうした離れ業的な企画が成立する余地があるのだと思うのです。そして、「論理哲学論考」を難解ながらも取り敢えず読み進めて、完全に私が(そしておそらくは日本中のほぼ全ての読者が)置いていかれた点が、第六条から急に倫理や美についての言及が始まる事なんですね。私は 最近になって、この論理哲学論考の奥底には、どうも「In the beginning was the word」から始まる「世界の始まりを言葉としてと捉える」「言葉こそが神である」という聖書的な信仰心があったのではと思うようになったのです。ですので、「聖書」と「論理哲学論考」をセットにしたわけです。そうして考えてみることでこそ、論考の結論である「語り得ぬものについては、沈黙せねばならない。」という教条の意味がより深く体験できるのではないかと思います。







2019年8月15日木曜日

【歴史本】アマテラスの誕生・銅鐸への挑戦

「アマテラスの誕生」と「銅鐸への挑戦」(溝口睦子と原田大六)

さて、また書評のようなものを書きたいと思います。主題はズバリ、皇祖神「アマテラス」です。今何故、このテーマかといえば、実は恥ずかしながら最近になってやっと原田大六の「銅鐸への挑戦」を読了し、同じく何年か前に読んだ溝口睦子の「アマテラスの誕生」という本について、この両書が一つの「アマテラス」という日本古代史の根本問題に置いて全くの両極端をなしているなと感じたからです。

予め言っておきますと、私は原田大六の「銅鐸への挑戦(全5巻)」をアマゾンで一冊50円程度で5冊買いました。5冊とも第一刷です。非常に悲しい事では有りますが、誰にも省みられなくなって、捨て値で売られている本と言えるでしょう。一方のアマテラスの溝口睦子の「アマテラスの誕生」は、日本人の教養を高めるという崇高な目標を掲げる「岩波新書」に入っており、私の手元のものは数年前に新品で780円で買ったのですが、2009年発行、2014年で第六刷のものです。

原田大六については、私の論考に既にご紹介したとおり、平原王墓の発掘責任者である彼は、平原王墓に現れる文化こそ古墳時代の嚆矢であり、その被葬者こそアマテラスその人に間違いないと確信しました。そうした考古学的事実と日本神話の合致点を基点として、大いに日本神話を語った本、それが「銅鐸への挑戦」です。しかし、考古学的事実から日本神話を検証するというのは、どうもこの国の戦後の学問環境の中では、白眼視されざるを得なかったのでしょう。この本は世間からは完全に黙殺され、すでに忘れ去られたかのようです、そして、そんな事情をこの中古本の価格が如実に示しているように思われます。

対して、溝口睦子の「アマテラスの誕生」は、原田大六が健在なら、その大六節で大いに口撃されたであろう内容です。その論立てといえば、まず記紀は政治的な意図を持った創作物であるので、そこに歴史が反映されているとは考えず、一旦、白紙としてゼロベースにした上(むしろゼロベースどころか、もっと否定的に捉えているように感じますが)で、科学的に検証しようという目論見のようです。それによると、実はアマテラスが国家神とされたのは、そう古い時代ではなく、ヤマト王権では、高木神(タカミムスヒ)こそ、その最初的な国家神で、朝鮮半島の影響を受けて政治的に導入されたとします。その上で壬申の乱の後、天武天皇によってこれまた政治的な何らかの理由から、弥生以来の土着信仰である「オオヒルメ(溝口が意訳すると「日のおばさん」となる)」を皇祖神として人為的・政治的に設定したに過ぎない、とされてます。溝口によると、アマテラスなる語は七世紀末になって初めてつけられたものでしかないとのことです。ここに彼女の、強いては、現代日本のパブリックな学問の場に置いて、記紀を単なる政治的創作物と見做すスタンスが如実に表れています。

「銅鐸への挑戦」が発行された1980年の時点で、原田大六は、その全身全霊を持って、それこそ激烈な文面で「記紀を白紙化する」ような(唯物論的な)歴史観を排撃し、平原王墓の被葬者こそがアマテラスの原型に他ならないと立論しました。それに対して、この国の「科学的歴史」観なるものは、それ以来30年も全く微動だにせず、2009年に溝口睦子の「アマテラスの誕生」が出版されているということです。同書では、アマテラス(オオヒルメ)について語るにも関わらず、その御神体が大きな銅鏡であることにすら触れられていません。天孫降臨において「鏡を見ること我をみるように奉斎せよ」とのアマテラス言い残したことなど、検討するほどの価値もない世迷言に過ぎないと考えているのでしょうか?

それにしても、アマテラスを土着の「日のおばさん」として特段の論拠もなく解釈することに満足して、アマテラスを語るのにその正体とも言える大型銅鏡には全く言及もなく、当然、平原遺跡も、内行花文八葉鏡も、原田大六の著作も全て無かったことにになっている点には、少々呆れてしまいます。善意に解釈して、彼女のスタンスが純然たる文献史学からの検討だと解釈するにも、この岩波新書の高々200ページの本には、考古学的な存在である稲荷山の鉄剣については、触れられてもいるのです。溝口氏が本書を書いた時には平原王墓については再調査も行われ、報告書も出ていたはずですから、知らなかったすれば、不勉強、知っていて取り上げなかったすれば不誠実の謗りは免れ得ないのではないでしょうか。

と、書いているうちに、「アマテラスの誕生」の批判の方に極端に偏ってしまいました。本当は、もう少し冷静に両者を比較して、その解釈や学問的なスタンスの振り幅について感じてもらい、機会があれば両者を比べ読みして頂けるような文章を書きたかったのですが、まぁ現在の心境では、書き直しする程の必要性は感じませんし、原田大六先生に肩入れしてしまうのは仕方ないのかも知れません。実直に言って「銅鐸への挑戦」も余りに独善的・断定的に書かれている点やざっくばらんに過ぎるところはあり、私の考えるところでは全く受け付け不可能な点も多々あるのですが、古代史に向き合うスタンスとしては、私が断然「大六派」なことは言うまでもない訳です。

最後にこの2冊の本の立ち位置を比較しておきますと、記紀を「分からないもの」としてゼロベースで取り組み(その上で後世の創作を念頭に)、その上で読み解いた「アマテラス」と、平原王墓という弥生終末期の墳墓の被葬者こそ、アマテラスに他ならないという定点を発見し、その上で読み解く「記紀」ということになります。


兎も角、少々のお金とお時間のある方は、是非読み比べに挑戦して頂けたらと思います。どちらに同情的に感じながらに読むにせよ、古代史の視野が広がることは間違いないかと思います!

2019年7月31日水曜日

【歴史本】漢帝国 ー400年の興亡

漢帝国

  渡邉義浩氏の著作を読んでみたところ、やっぱり違和感があったので、まとめてます。尚、かなりの批判になりそうのなので、また岡上が勝手なことを言っていると笑って読める方のみ読み進めてくださればと思います。

  ここで異議申し立てしたいのは、本書の中心テーマである「儒教の国教化」についてです。本書では、「『儒教の国教化』が分析概念である以上、自分なりの指標を仮説として掲げ、それを実証していく以外ない」として、通説の武帝期ではなく、後漢の白虎観会議こそが「儒教の国教化」の一つの画期であるとしています。が、これはどうなんでしょう? ここで二点の大きな見逃しがあるように思います。

  まず第一点は、本人も書かれている通り、儒教の国教化には、時間的な浸潤の過程があるということです。そした中で、渡辺氏はその完成の時点である「白虎観会議」が大きな画期であるというのですが、それはどうなんでしょう? こうした場合、変化の起点となる時点のほうが画期としてはより適切におもいます。具体的には漢初の黄老思想を経て、法家的志向を老荘思想でなく、儒学で飾るようになった武帝期がその変化の画期として相応しいのではないかと思います。一般に「**の**化」といった場合には、法的に時点が定まるような事象(例えば「高校教育の無償化」など)は別にして、それが一定の時間幅を持つ世界史的な事象(例えば「産業の近代化」など)の場合は、はやりその頂点ではなく起点にその画期を求めるべきだと思います。渡辺氏が重視する「今文」と「古文」の間の儒学の解釈の調整をおこなった白虎観会議にしても、皇帝が儒学に肩入れして、その解釈を公的に決定する事態になっているということ自体、すでに儒学が漢朝にとって最大限重視するべき対象であったことを物語っています。つまり、白虎観会議を経て儒学が官学になったのではなく、白虎観会議が必要なほど、その当時はすでに儒学が漢にとって重要な位置を占めていたということです。

  そして大きな見逃しの第二点は、氏は平気で「儒教の国教化」と言っていますが、それは「イスラム教の国教化」や「キリスト教の国教化」と同じような意味では決してないということです。つまり、儒教は、中国流の人生哲学、もっと卑近に言えば処世術と言うべきのもので、宗教が宗教たる所以、形而上の存在、つまり神については極めて冷淡で、「怪力乱神を語らず」という有名なフレーズが象徴するように、そもそも儒学は宗教ではないと言うことです。つまり儒教というものの性質を鑑みた場合、具体的には「儒学の官学化」について考えるほうがよりふさわしいと言うことです。そしてこの「儒学の官学化」を考える場合、氏が分析するように「五経博士」揃ってのの設置が、たとえ武帝期になかったとしても、その時には、五経のうち「詩・書・春秋」の三経にはそれぞれ博士が置かれ、その後の儒学一強の潮流が決定したのですから、やはり、武帝期のその時点こそ「儒学の官学化」という画期があったと考えることが、最も相応しいと思います。

  さて、こうしてみると、氏が主張する、班固が書くところの「五経博士」の設置は信用ならないとした上で「武帝期は儒教の国教化の画期ではなかった」とする科学的な分析による主張というのが、どうもおかしな偏向があるように感じて已みませせん。ここには、班固の後漢書に、武帝時代についての後世からの投影・理想化があり、それは「儒教物語」に過ぎないとして、科学的な歴史の範疇から排除しようという目論見がここにはあるのではないでしょうか?別コラムからの繰り返しにはなりますが、私にとっては歴史の中にある「物語性」とは、そもそも歴史自体とそもそも分離不可能なもので、どうもこういう無機質な感じもある「科学的な歴史」というのは、逆に胡散臭いものを感じます。

  では、私なりに新たな「儒教物語」を考えてみた場合、渡辺氏がその完成を見る「白虎観会議」はいかなる意味をもつのでしょうか?私はここに歴史的な儒教の隆盛の頂点、秦漢帝国の古代史的発展の頂点を見たいと思います。そしてそれが頂点であるということにおいては、その裏の意味として、その地点よりの発展がなかったということでもあり、「白虎観会議」とは、儒教的な古代史的発展が挫折した地点でもあったと見るということです。実際、本書で指摘されるように、「白虎観会議」では、王権に服属しなくとも良い「不臣」なるものの一つに皇后の両親、つまり外戚を挙げてしまっています。そうしてこれ以降、後漢では、朝廷に巣食う外戚の跋扈を排除するべき大義を失うこととなり、「不臣」であることが許される外戚と皇帝権力の延長としての宦官が交互に覇権を握る泥沼の争いに落ち込み、遂には中世的な暗黒の分裂時代に突入していくことになるのです。


そうした意味では、西洋における暗黒の中世への転落の起点であるローマ帝国による「キリスト教の国教化」と比肩するべき事態として、後漢の「白虎観会議」を対置してみるのも面白いのではと思います。本書では語られなかった西洋史との比較というこの地平においてこそ、「白虎観会議」に「儒教の国教化」という画期を見る世界史的意義が立ち現れてくるのではないでしょうか。それは、後世の漢民族からみた儒教的発展の頂点であるが故に、儒教的なノスタルジーの対象であり、かつ、儒教の古代史的発展の頂点であるが故に、それ蹉跌した地点でもあるのだと思います。


2019年6月29日土曜日

【歴史本】平将門と天慶の乱

東京出張の帰りに手にした本書。なかなかにスリリングでしたのでご報告です。
なにぶん、私自身、馴染みのある年代でもないので論証を追うのに少々疲れるのは、一身上の都合ということで置いておくとして、本書が何より良いと感じる岡上好みの点は、平将門の年齢を若く見積もっている点です。

普通、将門は年齢が不詳とされています。しかし、著者は、将門の生涯を論述していくにあたって、蔭位受ける資格のある蔭子で有るはずの将門が、無位無官で終わったことを理由に、成人する前に都を去ったのではないかと「推定」して、その後の論をドンドン進めていきます。

本書には、随所にこの手の推定があり、その合理的推定に基づき、将門の人生が復元されていきます。その死に当たっての「順風」と「逆風」についても、資料の裏をついていて、非常に私好みの論考がなされていると思います。読み進めるに当たって、あっと裏をかかれるというか、退屈な通説には依拠しない、良い意味の裏切りが用意されてるのが非常に好感が持てます。少なくとも、本書を読めば、臆病でもありながらも、ギラつたところもある人間味のある新鮮で若々しい平将門像が眼前に広がることは間違いないと思います。そのまま大河ドラマにでもしたら「映える」こと間違いなしでしょう。

ただ、こうして立ち上がった新鮮な将門の人物像が、そのままには真実の将門像であるとは、本書だけでは言い切れないでしょう。もうちょっと別の本も読んでみる必要はあると思いますが、平将門という唯一無二の「反逆者」についての興味をこれだけ強く引き立てることが出来た時点で、「歴史家」の著者・乃至政彦の力量の勝利ではないかとおもいます。


2019年5月18日土曜日