自己紹介

自分の写真

色んなことに興味を持って、興味を持ったら自分でいろいろ考えてみるのが好きです。座右の銘とまで行きませんが、次の格言が好きです。

  - 人は何かについて全てを、全てについて何かを知らなければならい。
  - Try to know something about everything, and everything about something.

2016年8月29日月曜日

【第十一回】 神崎正哉の新TOEIC TEST ぜったいリスニング 【語学】

 ちょっと箸休めに本のレビューもしてみよう。今回は、Toeic listening 対策の本です。


 といっても、僕は基本いい加減な性分ですので、どうも模擬テスト形式で短い大量に聞かされていると、どうも「それ用に勉強している感」が高くなりすぎて、なかなか手が伸びなくなり、結果、たいてい途中で投げ出しいます。まぁ短期間で点数を上げるというような明確な動機が強いならもうちょっとマシだとは思うのですが、個人的な環境もそうでもないので。。。


 内容的には、割と平易なテキストのようなので、すでに800点とかある人には無用の本にはなりそうですが、逆に言うとそれぐらいまで到達していない人には有用な本ではないかと思います。本書の特色は、なんといっても一冊24話分、話が裏ではしっかり繋がっていることです。といっても、一つの物語が連続していくのではなく、とある夫婦の仕事やプライベートについてのお話が、同時進行で、24回分進んでいきます。


 まずは一回、テストと思って、24話分、課題をやってみて、本当の使い方はそこからだと思います。あとは、基本的にテキストはどっかに放っておいて、ひたすら流して聞いていくような本だと思います。実際のところ、この種のテスト対策本を読書レビューに取り上げるのはちょっと変なのですが、けど、何度も聞いているうちに、なんとなく、Unit毎のつながりがなんとなくわかってくるのです。そのUnitだけ聞いているとわかりませんし、Test対策のためだけなら、わかる必要もないかと思います。けど、あれ、そういえばあの時に言っていたなーっと聞き流している内に思い当たってしまうのです。思い当たったら、だから何だということなんでしょうが、馬鹿なもので、どうでもいいことでもわかると何故かと嬉しいものです。結構そんなことが多いので、ついつい何度も聞いてしまうという次第。




 何を言っているか、よくわからないと思うので、一つだけ例を挙げると、最終話で、旦那が嫁にカリビアンクルーズのチケットを渡すのですが、それは、第三話ぐらいに、寒いところに行くのは嫌だわ的なことを、その嫁が夫の携帯の留守電に入れていたりするんです。まぁそんな感じで、内容的にも結構日常感が溢れていて良く練りこまれた本だと思います。是非、学習ついでにメイソン夫妻の忙しい一週間を聞いて見て下さい。



0 件のコメント:

コメントを投稿